pic_member_cher

団体名

NPO法人チェルノブイリ医療支援ネットワーク

団体名英語表記

Chernobyl Medical Support Network

住所

〒812-0013  福岡県福岡市博多駅東 2-5-11 コスギ第一ビル5階

代表者名

中山 悠

実務担当者名

三島 さとこ

FUNN担当者名

三島 さとこ

電話

092-260-3989

ファックス

092-260-3989

E-mailアドレス

jimu(アットマーク)cher9.org

公式サイト

http://www.cher9.org/

設立年月日

平成2年6月28日(法人設立は平成19年1月24日)

会員数

正会員40名 賛助会員1586名

設立経緯

1986年4月に起きた旧ソ連チェルノブイリ原発事故により深刻な被害を被った人々の支援のため、九州内有志により1990年に設立。医療機器、医薬品などの提供、現地でのサナトリウム「九州」運営(1992~96)等を経て、1997年より現地赤十字らと合同での甲状腺がん検診プロジェクに取り組み、現在に至る。

団体の活動目的

チェルノブイリ原発事故などの原子力災害による被災者に対して、世界の人々と協力して、医療援助を中心とした支援を行うことで、被災者の福祉の向上と、国際交流の促進に寄与することを目的とする。

過去の主な事業

ベラルーシ共和国での医療活動(現地医療関係者と合同での甲状腺がん検診、甲状腺外科手術など)、ベラルーシの福祉作業所「のぞみ21」、ローカルNGO「コンフィデンス」への支援、東日本大震災に対する支援や情報発信、国内でのチャリティーイベント、講演会、学習会、活動報告会など

参加への手引き

ご興味のある方は電話、メールなどで事務局までご連絡ください。資料を送ります。

刊行物

会報「チェルノブイリ通信」発行(年4回)

講師派遣について

可能

可能な場合の講演テーマ

チェルノブイリ原発事故や被災地の現状、放射能と被ばくの問題、医療支援活動の経験談(ウラ話)など

加盟団体

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena