pic_member_commu

団体名

コミュニティコミュニケーション・サポートセンター

団体名英語表記

Support Center for Community Communications (Commu)

住所

〒836-0002 福岡県大牟田市岬2854-32

代表者名

椿原 恵

実務担当者名

椿原 恵

電話

050-3606-8994

ファックス

0944-52-8933

E-mailアドレス

commu(アットマーク)info-commu.org

公式サイト

http://npocommu.wix.com/commu

設立年月日

2009年4月10日

会員数

会員制をとっていません。

設立経緯

開発教育NGOとして活動する過程で講座などの設定された場における開発教育だけではなく、実際に地域づくりやコミュニティ開発に参加しながら学ぶことのできる開発教育活動を模索していたメンバーが、「国際協力と日本の地域づくりの統合」「プロセスを重視した開発」「意思決定プロセスへの市民の参加」をテーマに開発問題の解決に教育からアプローチすることで途上国と日本が「援助する側・される側」といった関係ではなく、双方の人々が経験を語り合い、相互理解を深め、知恵を学びあうことを通じて、地域の人々が望むよりよい開発を協働で進めていくことのできる人づくりができるのではないか、と考え設立しました。

団体の活動目的

自分たちが住む地域の未来は自分たちで決めることのできる地域社会づくりに参画できる力量形成の機会提供と環境づくりに国内外で取り組むことをもって、人々の尊厳と権利が守られすべての人がもつ豊かな可能性が開花する社会の実現に寄与すること。

過去の主な事業

  1. 国際協力活動(カンボジアの最高国家経済評議会・開発評議会・内務省等の公務員を対象にした地方行政・経済行政に関する研修、インドネシアの内務省等の公務員を対象にした住民との協働による地域開発に関する研修等)
  2. コミュニティ開発・地域づくりを担う人材の育成支援(長崎県土木部職員等対象の住民参加型会議手法研修、佐賀県ふるさと雇用再生基金事業住民主体の参加型地域開発促進事業参加型調査手法アドバイザー、大牟田市地域包括ケア推進職員対象のファシリテーション研修、大牟田市職員対象の行政評価研修 等)
  3. 政策形成に関する政策の評価提言(熊本県山鹿市事業検証委員会、福岡県大牟田市行政評価外部評価委員会、大牟田市社会福祉施設等評定員会、大牟田市地域包括支援センター運営協議会、大牟田市次世代育成市民協議会、大牟田市総合計画まちづくりプラン検討会等)
  4. 開発教育活動(福岡県子育て支援フォーラム分科会、小郡市立大原中学校総合学習全7回22時間、九州大学社会連携論国際協力活動紹介、くるくる地球市民ボランティア講座等)

参加への手引き

専門性を活かして活動するテクニカル・アドバイザー、テクニカル・スタッフ、ボランティア、インターンなど、さまざまな参加方法がありますので、事務所までお問い合わせください。

講師派遣について

可能

可能な場合の講演テーマ
  1. 開発教育、国際理解教育等の教材・アクティビティ体験(「世界がもし100人の村だったら」「ケータイの一生」「援助する前に考えよう」、カンボジア・ワークショップなど)
  2. 開発教育ファシリテーター養成(「ファシリテーターに求められる姿勢や技能について理解し基本的なアクティビティを体験する」など)
  3. 住民参加型の会議、参加型調査手法、参加型評価手法の研修(国際協力関係者、コミュニティ開発、地域づくりに取組む自治体の職員や地域リーダーの方等など)
    ご予算、プログラムは、お気軽にご相談ください。

加盟団体

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena