pic_member_esperanca

団体名

NPO法人エスペランサ

団体名英語表記

HOPE

住所

〒838-0059 朝倉市平塚530

代表者名

馬場 菊代

実務担当者名

山口千恵子(TEL 093-642-6053)

電話

0946-24-9263

ファックス

0946-24-9263

E-mailアドレス

contact(アットマーク)npo-gb-esp.org

公式サイト

http://www.npo-gb-esp.org/

設立年月日

2004年11月1日法人取得

会員数

200名

設立経緯

1994年、3人の有志がはじめて西アフリカ、ギニアビサウ共和国に行く。現地を見て、有識者も訪ね、ギニアビサウの女性の経済自立と国の未来をになう青少年育成に力を尽くしたいと考えた。そして1996年に『エスペランサ』を設立した。同国の発展のためには教育が欠かせないと思い、2002年より小学校建設を開始し、2003年10月ソナック小学校を開校した。現在約300名の子供たちが学んでいる。エスペランサの活動を発展させるため2004年10月にはNPO法人の資格を取得した。
また、2009年に中学校の建設を行い、同年10月に開校し小・中一貫教育を行いギニアビサウ共和国の発展のための人材つくりに寄与したいと活動している。(中学校の生徒数 350名)

団体の活動目的

ギニアビサウ共和国の女性の自立と青少年の健全育成をめざすという目的で活動を開始しました。上記経緯を経て、現在は子供の教育に力を注いでいます。
学校経営については、今は全面的に支援を行っていますが、いずれ現地のスタッフおよび関係者に自主経営を目指してもらうよう指導していく予定です。
日本国内では、アフリカの現状を広く一般の方に知っていただくため、報告会やイベントなどで広報活動を行っています。マスコミでは知らされない現地の様子は、生のアフリカの人々や国の現状など、とても興味をそそられるのではないかと思っています。日本とは全く違う世界がそこにあり、また同じ人としての共通の思いなど、現地訪問のたびに新たな驚きを知らされます。
また、学校に行けない子供たちのために、学費支援のための里親事業も行っています。

過去の主な事業

ソナック小学校の運営支援
ソナック中学校の建設と運営支援
学費支援のための里親事業
国内での普及・啓発活動(スタディーツアー・報告会・チャリティーコンサート・講演活動・ニュースレターの発行など)

参加への手引き

スタディーツアー、チャリティーコンサート、帰国報告会などへぜひ参加してください。
まずは事務局へ連絡ください、お待ちしています。

刊行物

エスペランサ通信(年4~5回)
年次報告書(年1回)

講師派遣について

可能

可能な場合の講演テーマ

小、中、高、大学などで講演、GT、女性セミナーなどで講演

加盟団体

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena