第17期NGOカレッジ開催レポート(第1回:2月4日)

ngocollege2017_1-1_01

2月4日に、全8回にわたる第17期NGOカレッジの第1回目が開催されました。
「未来をつくる力を育む」をテーマに、地雷問題や子ども兵などの課題に取り組む認定NPO法人テラ・ルネッサンスの栗田佳典さんを講師としてお招きし、一人ひとりの未来をつくる力について考えました。
栗田さんの講演では、カンボジアでの地雷問題やアフリカの子ども兵といった事例を通して世界の現状について知識を深めました。先入観や偏見に惑わされずに自ら学ぶこと、そして自分の得意なことで国際協力をすることが重要だという栗田さんのお話に参加者の皆さんも真剣に耳を傾けていました。

ngocollege2017_1-1_02
講演の後は栗田さんのお話を踏まえて、グループに分かれてのワークショップを行いました。講演の感想や疑問などをグループ内で共有した後、世界の現状に関する課題、背景、そしてその課題を解決するための方法についてアクションシートを使って考察しました。
アクションシートをグループ内で共有し、一番良かったシートを決め、グループごとに発表も行いました。このワークショップでは、社会的な課題を解決するために具体的に自分たちには何ができるのか、自分なりの世界との関わり方を考えるきっかけになりました。

ngocollege2017_1-1_03
そしてまとめのワークショップとして、全8回のNGOカレッジを通しての抱負を参加者それぞれが考え発表し、次回以降の講座へのモチベーションにもつなげることができました。

今回の講座では、今世界で起きている問題や、その解決に向けた取り組みを学び、さらに個人レベルでできる国際協力について考えを深めることができました。
「一人ひとりの力は微力だが無力ではない」という栗田さんの言葉が参加者の皆さんの今後のアクションのきっかけにもなったと思います。
「ほっとけない」から「ほっとかない」へ、世界に踏み出す第一歩となった講座でした。

報告:FUNNボランティア 阿部志織

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena